舌がんになった妻 家族のぼやき

妻の経過とわたしのぼやき

お見舞い

わたしの住む家はド田舎(笑)


よく土地が売ってたね?ってくらい


市ですが、市街化調整区域の田んぼと畑、牛舎に囲まれた地域に住んでます。


もちろん、探して好んで住んでますよ(笑)



妻の入院を


隣のばぁちゃんの告別式の際に


自治会長さんに

「奥さん入院してるんだって?」

「具合はどう??」

あれ?どこで知ったんだろうか?と思いつつも


聞かれたので急ぎ手術して入院→退院  実家で静養中とは話をしておいたのです。

周囲の方もダンボになって聞き耳たたってる雰囲気。。。


大丈夫ですよ?なんでも無いです。

と言う勇気は無いです(笑)


班長さんが来られて土曜日の夕方に各班の

班長と自治会長がお見舞いに行くから

って  数日前に妻に言って  去っていったようです(笑)


部落のルールでは2週間以上入院すると

お見舞金をいただけるようです。


 ちなみに部落  = 全 21戸  です


住んで4年チョット

何度か徴収されることはあっても、

貰うことになるとは。。。


何だか親世代の方達にいろいろ言われる?

と妻は危険を察しているようです(笑)


悪い人は居ないので良いのですが、

田舎特有の噂?ご近所話大好きな方も

一部?大勢?いらっしゃるらしい。。。


勇退された方が多いから  まぁ  仕方のないことですな。

町の自衛団がたくさんいるから不審者は近寄れないね。  安心だ!!と

冗談で夫婦で言ってたくらいなので(笑)


まぁ  皆さん  良く徘徊してます(笑)



さぁ  掃除をして一行を迎える準備をしよう(笑)


でも19時に来るんだって。。。遅く無い?

って感じるけど、意見は言えない(笑)